mt masking tape

ハイトリ紙からはじまりもうすぐ1世紀。粘着技術の追求が私たちのルーツです。

  • 1923
    初代 鴨井利郎により「カモ井のハイトリ紙製造所」が創業。商品名称を「カモ井のハイトリ紙」(平型)、商標を「日の出印」として市場へ送り出す。翌年から朝鮮、満州、台湾をはじめ、南方諸地域、北・南米に輸出を開始する。
  • 1930
    本社社屋完成。リボン型ハエトリ紙を開発し「カモ井のリボンハイトリ紙」の名称で新発売する。
  • 1933 - 1952
    ピレトリン製剤の液体殺虫剤「キリメツ」を開発。「激烈滅止」の商標で一大ブームを起こす。「平紙」「リボン」「キリメツ」、新製剤「BHC」を製造開始し「カモ井の殺虫四大商品」が人気を博す。
  • 1961 - 2003
    富井工場が落成し、紙粘着テープの製造を開始。その後、クラフト紙を基材にした「クラフト粘着テープ」、ロングセラーの「カモ井のシーリングテープ」、クレープ紙を基材にした「耐熱塗装用テープ」、車両用マスキングテープの新製品「カブキ」など、粘着技術を活かした様々なテープが発売される。
  • 2008
    文具・雑貨向けマスキングテープ「mt」発売。